So-net無料ブログ作成

冬の海釣り  ポイント ガシラ、アイナメ、根魚(ロックフィッシュ) [冬の海釣り]

真冬の海釣りでガシラ(カサゴ)などの根魚が釣れるポイント、条件とは?

先日の土曜日の夕方から日没2時間ほどの地波止での釣果です。

ただし、瀬戸内海東部の水深の浅い海域での情報で、
全国的にあてはまる情報では有りません。



4.jpg

2月も後半に入り、少し春めいた感じがしますが、
冬の海はまだまだ、さっむ〜〜〜〜!

でもね、、
有る程度条件が揃えば、
真冬でもナイスな釣果が期待出来る事が分かりました。

夜間での冬の海釣りで
水深の浅い地波止から根魚を狙う情報です。


条件1:有る程度水深が有る事。

近場の地波止からの釣りなので、
平均潮位は2メーター前後有れば良いと思います。
かと言って、5〜7mの中途半端な水深では
あまり期待出来ないかもしれません。
その理由は最期の条件5に書きました。


条件2:緩やかな潮の流れが有るポイント。

緩やかな流れが起きたり止まったりの
マッタリとゆるい流れがの方が活性の低い根魚も餌を食べやすい。


条件3:テトラや石積みの護岸、岩場のポイント。

これは真冬でなくても根魚の生息しているポイントなので
最低条件です。


条件4:波が穏やかな事。

これも、魚さんにとっても、人間にとっても
やる気が消失してしまいます。
波の高い日や風の強い日は安全第一で諦めましょう〜!


条件5:海水に少し濁りが入っているポイント。

これが、この前経験した一番の重要な条件。
真冬とは言えども、時々温かい日が有ります。

特に2月中旬以降は三寒四温と言うように
春までに温かい日と寒い日が交互に訪れます。

そこで重要なのが、、、、
水深なのです。

深すぎず、浅すぎず、有る程度太陽光のぬくもりを
海中に届けられる水深が、、約2m前後なのかな〜〜、、

、、と勝手に自己判断しています。

その証拠に、夕方きたら、、、
いい感じの濁りが入ってたんです!

たぶん、、たぶんですよ、、

真冬でも、少しでも水温が上昇すれば、
海中のプランクトンなども活性化して濁りが出ると、、?

根魚もついでに活性化すると、勝手に推理しています。

たぶん、ビンゴ!かな?(笑^^

釣り方、仕掛けは、普通の磯竿にスピニングリールで
オーソドックスな電気浮きで底スレスレに調整しました。

餌は小振りなアオイソメ。


釣り始め、夕方の2投目にはなんと。。
アイナメチャンもゲットです!
アイナメ 1.jpg

真冬の海釣りもなかなか、、いいね!^^




スポンサーリンク






nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2