So-net無料ブログ作成
検索選択

冬のチヌ釣り(クロダイ釣り) [冬の海釣り]

冬にチヌは釣れるのか?

チヌ釣りが好きな人は1度は疑問に思う事だと思います。

私はかなり以前にはチヌは冬には釣れないと思っていました。

確かに晩秋になると沢山居着いていたクロダイの群れが大挙して
沖の深場に落ちて行くと言われています。

しかし全てのチヌが深場に行く訳ではなく、体力のある大型は
真冬でも居残っている可能性も有ります。

事実、大阪湾などではエビ(シラサ、モエビ)エサを使ったエビまき釣りで、
数は上がりませんが釣れれば大型が釣れています。

また、撒き餌をするフカセ釣りでも同じように釣果が出ています。
釣れる時間は気温が上昇するお昼前から3時頃に集中している気がします。

冬はあまり食い気の無いチヌですが、ほんの少しでも水温が上がれば
食い気が出て補食するようです。

冬のチヌは堅いカニエサやイガイなどにはあまり反応が無くて
エビエサやオキアミのような柔らかいエサに実績が有ります。


また、牡蠣養殖の水揚げが始まると牡蠣棚に居着いていたチヌが
近くの波止に群れで移動し、条件が良ければ落とし込みなどでも
釣れる特殊なケースもあります。

その他の特殊な事例としては、
温排水が流れ込む入り江では外海に居たチヌの群れが入り江に入り込み
特に、引き潮で水位が下がったときは水温が逆に上昇するため
時合いになるパターンも良く有ります。

さすがに、2月の寒厳期はチヌの食いは極端に悪くなりますが、
温排水の入り江に関しては逆に食いが良くなります。

DSCF1410.jpg

結果として、チヌは冬でも釣れます。

正確には、有る程度水深が有ったり、
温排水が出ているようなポイントでは、、
数は出ないけど釣れる可能性はあるでしょう。

大型を狙うなら冬の今でしょう!
但し、寒いので防寒対策は万全に。








スポンサーリンク






タグ:チヌ釣り
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。